【2019】F1メキシコGPの優勝を候補から予想!ハミルトンがドライバーズタイトルを獲得する条件は?

メキシコGPの「エルマノス・ロドリゲス・サーキット」は標高が2300mと高いので、慣れていないと観客席からでも酸欠になりそうな気がするYamAです。

2019年10月11日から10月13日に行われた日本GPは台風の影響で予選と決勝が同日に行われるという異例でした。

その中でもボッタスが第4戦アゼルバイジャンGP以来の優勝を獲得し今季3勝目を手にしました!

レッドブルホンダのフェルスタッペンはスタートが良かっただけに、フェラーリにルクレールとの接触により早期リタイアとなってしまったのが残念です。

レッドブルホンダのアルボンは今季最高位となる4位を獲得。

後半レッドブルに移籍してから安定して6位以上を取り続けているので、来季のレッドブルノシートはこのままアルボンなのではないか?と思わせる結果をだしましたね。

さて、2019年10月25日から10月27日に行われるメキシコGPはどうなるのでしょうか?

個人的な予想としてはフェラーリのセバスチャン・ベッテルではないかと思っています。

また、このメキシコGPでメルセデスのルイス・ハミルトンが3位以上であればドライバーズタイトルを獲得する可能性があります。

なので見逃せない1戦になりそうですね!

この記事では

  • 【2019】メキシコGPの優勝者を候補から予想!
  • ハミルトンがドライバーズタイトルを獲得する条件

以上を紹介していきます!

目次【本記事の内容】

【2019】F1メキシコGPの優勝候補はフェラーリ・メルセデス・レッドブル

2019年メキシコGPの優勝候補としては、やはりこの3強の中のドライバーとなるでしょう。

  • フェラーリ:セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール
  • メルセデス:ルイス・ハミルトン バルテリ・ボッタス
  • レッドブル:マックス・フェルスタッペン

候補者としては以上の5人が上がるのではないかと個人的には思います。

メキシコGPの個人的な優勝予想はフェラーリのセバスチャン・ベッテル

メキシコGPの舞台である「エルマノス・ロドリゲス・サーキット」は長いストレートが2本あるサーキットとなっています。

やはりストレートではメルセデスやレッドブルよりもフェラーリが速いでしょう。

それはメルセデスのハミルトンやレッドブルのフェルスタッペンらもよく話している事なので事実でしょう。

フェラーリのベッテルとルクレールではどちらか?というの難しいのですが、メキシコGPは標高が高くマシンに対するダウンフォースなどが違います。

なのでコーナリングのしやすさも違いますし、マシンのマネジメント能力も問われます。

ですので、より経験のあるベッテルが優勝するのではないかと個人的には予想します。

レッドブルのフェルスタッペンはメキシコGP3連勝できない?

2017年、2018年とレッドブルのフェルスタッペンはメキシコGPで優勝をしています。

ですのでフェルスタッペンにとって得意なコースではあると思うのですが、今回2019年で優勝はどうか?と言われるとなかなか難しいと思います。

フェルスタッペン自身もインタビューであまり強気ではないですし、表彰台に上るのが最高だろうと言っています。

要するに優勝ではなく、良くて2位という事ですね。

レッドブルもホンダエンジンになりPUは良くなったがマシンのトータルとしてはフェラーリやメルセデスに劣っていると感じているのが原因のようです。

後半戦のフェラーリの進化は驚くものですし、メルセデスにエンジンパワーは追い付いても昨年のようなコーナリングの速さを出すことができないレッドブルのマシンでは優勝できないと思っても仕方無いのかもしれません。

何よりフェルスタッペン自身が現実を捉えた発言をしているので、2019年メキシコGPでの優勝は難しいでしょう。

個人的には頑張ってほしいですけどね…。

ハミルトンがドライバーズタイトルを獲得する条件は?

ハミルトンがメキシコGPでドライバーズタイトルを獲得する条件とはどのようなものでしょうか?

以下で説明していきたいと思います。

ドライバーズタイトルを獲得できるのはメルセデスのハミルトンとボッタス

2019年10月11日から10月13日に行われた日本GP時点のドライバーズランキングは

1位 ルイス・ハミルトン 338ポイント

2位 バルテリ・ボッタス 274ポイント

3位 シャルル・ルクレール 221ポイント

以上となっています。

残り4戦全てでルクレールが優勝とファステストラップを獲得し26ポイントずつを獲得すると、全部で104ポイントとなります。

ハミルトンが残り4戦全てリタイアしたとしてもルクレールのポイント合計は325ポイントでハミルトンには届きません。

ボッタスは残り4戦全て優勝とファステストで104ポイント獲得すると378ポイントとなり、ハミルトンが残り4戦全てリタイアとなると逆転しています。

ということから、ドライバーズタイトルを獲得できるはメルセデスのハミルトンとボッタスの2人という事になります。

では、メキシコGPでハミルトンがドライバーズタイトルを獲得する条件とは何でしょうか?

ハミルトンとボッタスの差は64ポイント

ハミルトンとボッタスのポイント差が64ポイントという事からも、ボッタスが残り4戦中3戦ぐらい優勝しないといけないというのがわかるくらいの差があります。

どれだけ前半戦ハミルトンとマシンが良かったのかわかりますね。

では、メキシコGPでハミルトンがドライバーズタイトルを獲得する条件とはいったいどのような条件なのでしょうか?

ハミルトンがドライバーズタイトルを獲得する条件を表にまとめてみました。

※スクロールすると下まで見れます。

ハミルトン ボッタス
優勝+ファステストラップ 5位以下
優勝 5位以下
2位+ファステストラップ 8位以下
2位 9位以下
3位+ファステストラップ 10位以下
3位 11位以下

以上の結果でハミルトンのドライバーズタイトルが決定します。

今季のボッタスのパフォーマンスから考えると、メキシコGPでハミルトンのドライバーズタイトルはまだ決まらないのではないかと思います。

まとめ

2019年F1メキシコGPで個人的な優勝候補者は

  • フェラーリ:セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール
  • メスセデス:ルイス・ハミルトン バルテリ・ボッタス
  • レッドブル:マックス・フェルスタッペン

以上5名であり、個人的な優勝予想は

  • フェラーリのセバスチャン・ベッテル

ではないかと考えています。

そして今回のメキシコGPでメルセデスのルイス・ハミルトンが3位以上の場合、ボッタスの順位によって、ハミルトンの2019年ドライバーズタイトルが決定致します!

これからのグランプリは1戦1戦が本当に見逃せませんね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*