F1のアンダーカットとオーバーカットの違いは何?用語の意味を分かりやすく解説!

「オーバーカット」を「オーバテイク」と間違えて言いそうになるYamAです。

F1がピレリタイヤのみになり生まれた「アンダーカット」というオーバテイク方法。

アンダーカットはドライバーのコメントなどからも聞かれるようになったF1の用語ですが、アンダーカットは相手より先にタイヤ交換を行う事でオーバーテイクする方法です。

逆の用語としてオーバーカットというオーバーテイクの方法もあります。

「アンダーカット」と「オーバーカット」について

  • アンダーカット:相手より「先」にタイヤ交換をすること。新しいタイヤで相手とのタイム差を縮める方法
  • オーバーカット:相手より「後」にタイヤ交換をすること。相手がタイヤ作動温に達する前にタイムを稼ぐ方法

これでライブ中継や見逃し配信を見ていて突然実況者が「アンダーカットしましたねー」と言っても「何それ?」とはなりませんね!

ただ、具体的にはどういったオーバーテイクの方法なのか?ライブ中継や見逃し配信を見ているだけではよくわからなかったりしますよね?

という事でこの記事では「アンダーカット」と「オーバーカット」はどのようなオーバーテイクの方法なのかを紹介していきます。

目次【本記事の内容】

F1アンダーカットとオーバカットの違いをわかりやすく解説

F1にはオーバーテイクの方法として「アンダーカット」と「オーバーカット」というものがあります。

文字だけでは想像がつきにくく、違いもわかりにくいF1の用語ですよね。

では、それぞれ「アンダーカット」と「オーバーカット」はどういったオーバテイク方法なのでしょうか?

結論から言うと

  • 相手より早くピットインしてタイヤを交換し、オーバテイクする方法が「アンダーカット」
  • 相手より遅くピットインしてタイヤを交換し、オーバテイクする方法が「オーバーカット」

という事になります。

それでは詳しく見ていきましょう!

アンダーカットとは相手より早くタイヤ交換をしてオーバテイクすること

アンダーカットは相手より早くピットインし、タイヤ交換で新しいタイヤにすることにより、マシンのペースを上げオーバーテイク行います。

では、アンダーカットはどのようにオーバーテイクを行うのか具体的に説明していきます。

アンダーカットは新タイヤと旧タイヤのパフォーマンス差を利用

アンダーカットはタイヤ交換を相手よりも先に行い新しいタイヤに履き替えることで、相手が古いタイヤのうちにタイム差を縮め、相手がピットイン(タイヤ交換)を行った時に抜くというオーバーテイク方法です。

現在のピレリタイヤは走行による摩耗でタイヤの性能が意図的に落ちるようにされています。

よって、古いタイヤよりも新しいタイヤの方がグリップが発揮されるので速く走ることができます。

その新しいイヤと古いタイヤのパフォーマンス差を利用したオーバーテイク方法です。

オーバーカットは相手より遅くタイヤ交換をしてオーバテイクすること

オーバーカットは相手がピットインでタイヤ交換を行った後も走り続け、数週後にピットインしてタイヤ交換を行う事により、オーバーテイクをする方法です。

アンダーカットとは反対の用語となります。

では、オーバーカットはどのうよにオーバーテイクするのでしょうか?

オーバーカットはタイヤの作動温度を利用

オーバーカットはアンダーカットとは逆にタイヤ交換を相手よりも後に行います。

相手のタイヤが作動する前にタイム差を稼ぎ、自身がピットインしタイヤ交換を行った後も相手の前に出ているというオーバーテイク方法です。

タイヤには作動温度(ある一定の温度間でタイヤはグリップを発揮するようにできています)があるため、作動する温度に達するまではマシンのスピードが出ません。

タイヤが作動する前にタイム差をピットインを行っても抜かれないくらい稼ぎ、ピットアウト後も相手より前に出続けるというオーバーテイクの方法となります。

路面温度が低くタイヤの温度が上がりにくい時や、現状より軟らかいタイヤ(軟らかいタイヤの方が作動温度が低いため)に変える時に有効な手段となります。

チーム内でのアンダーカットは禁止?

「チーム内でのアンダーカットを禁止する」というルールはありません。

ただし、チーム内ではアンダーカットをしないという取り決めや、暗黙の了解があります。

2019年9月22日にシンガポールGPの決勝が行われたのですが、1位を走行していたフェラーリのシャルル・ルクレールが2位を走行していた同じくフェラーリのセバスチャン・ベッテルにアンダーカットされるという事がありました。

その時アンダーカットされたルクレールは「納得できない!」「フェアではない!」と激怒していました。

フェラーリとしてはこの時ベッテルの前を走るハミルトンをアンダーカットできる、後ろを走るフェルスタッペンが次週でピットインするので抜かれないようにするため、という理由あったと話しています。

同じ日のメルセデスのバルテリ・ボッタスはタイヤ交換を1回で済ます作戦だったためチームメイトのルイス・ハミルトンよりも早くピットインしました。

しかし、ハミルトンよりも前に出てしまわないように後方のアレクサンダー・アルボンを抑えつつペースを落としながら走るよう指示されました。

ボッタスは指示されたことを守り「チームにはピットストップをして入れ替わるのを避けるための取り決めがあり、アンダーカットしてしまっても必ずもう一台を前に戻すようにする」と言っていました。

このことからも、チーム内でのアンダーカットをしないよう先行しているマシンからピットストップを行う。

戦略などによりアンダーカットしてしまっても先行していたドライバーを再び先行させるようにする。

というのがチーム内での取り決めやドライバー同士での暗黙の了解としてあるのがわかります。

確かにチーム内で戦略がわかっている中でアンダーカットされたら、相手がひいきされているようで公平さを感じないですよね。

まとめ

「アンダーカット」と「オーバーカット」について

  • アンダーカットは相手より先にタイヤ交換を行いオーバテイクをする方法
  • オーバーカットは相手より後にタイヤ交換を行いオーバーテイクする方法
  • チーム内ではアンダーカットは禁止というルールは無いが、チーム内での取り決めや暗黙の了解がある
  • チーム内ではアンダーカットは禁止というルールは無いが、チーム内での取り決めや暗黙の了解がある

これでレース中継を見ていても「今、アンダーカットしたじゃん!」なんて言えるようになりますね。

「アンダーカット」と「オーバーカット」を理解してF1をより楽しく観戦しましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*